CADっていったいなに?求人でよく見るCADのお仕事

by admin on

CADっていったい何なの?

求人情報で良く耳にする『CAD』。

CADは建築関係や建設、不動産などの業種で利用される製図ソフトです。

一昔前までは、製図と言えば大きな製図用の机を利用して、家の設計図や橋や道路などの製図をしていましたが、パソコンが普及してからはパソコンを利用した製図が主となっており、今では建設業や不動産関係の会社でも多く利用されているソフトとなっています。

特に、建設関係の事務などで働く場合にはCADの利用が出来る人を採用することもあるようです。

CADはどんなことが出来るの?

CADは、パソコンを利用して設計図や平面図などを作成することが出来ます。

中には3Dで立体表示をすることが出来るCADもあります。

ただ製図をするというだけではなく、縮尺を利用して図面に落とすことで、実際には測れない場所の寸法を割り出したり、計算をして面積を出したりすることが出来ます。

今では建設業・不動産業では欠かせないソフトとなっているようです。

CADにはどんな種類がある?

CADは、無料ソフトと有料ソフトがあり、有名なものとしては「AUTOCAD」があります。

AUTOCADは有料ですが、多くの建設業などで利用されています。

一般的に利用されるCADの種類としては、「JW-CAD」「HO-CAD」などがあり、無料のCADでよく使われているのが「JW-CAD」です。

JW-CADは無料ですが様々な図面を書くことができ、建設業や不動産業に限らず、あらゆる職種で利用されているCADの一つです。

CADの利用を考えている方は、是非無料のJW-CADから利用されてみて下さい。

電気CADは、専用ソフトを使用した企業も多くあります。うまく使いこなせるようにと、CAD講座に通う人も増えています。