住んでいる場所によって選べるアンテナが変わる!?

by admin on

強電界地域と弱電界地域がある

テレビアンテナには、地上波デジタル用と衛星放送受信用がありますが、地上波デジタル放送派は電波塔からの位置により強度に大きな差があります。電波塔から距離が近ければ、強電界地域として小型のアンテナでもテレビ放送を受信出来ますが、距離が離れていたり障害物があると届く放送派が少ない弱電界地域となってしまいます。地上デジタル放送では、受信レベルが一定値を下回ると、ブロックノイズが出て正常な放送を見られないので、住んでいる場所の電界強度を最初に確認しなければなりません。

強電界地域なら好きなアンテナを選べる

地上デジタル放送用の電波塔から距離が近く、間に障害物が少なければ、強電界地域となるので昔ながらの魚の骨に似た形をしたアンテナを設置しなくても、平面アンテナを利用可能です。壁面に取り付ける平面アンテナならば、屋根上にアンテナ設置をする必要が無いので、自分で取り付けてしまうことも出来ます。デザイン性を重視したアンテナから性能重視の従来型アンテナまで自由に選べるでしょう。

弱電界地域ならデザインよりも性能で選ぼう

弱電界地域に住んでいるかどうかは、地図による確認と近隣の戸建住宅に設置されている屋根上アンテナを確認すれば分かります。昔ながらのアンテナには、魚の骨のように多くの金属棒が並んでいます。金属棒の本数が多くアンテナが大きければ、弱電界地域と分かるでしょう。弱電界地域では、デザインアンテナが使える可能性は低く、性能重視でアンテナ利得が高い製品を選ぶことが望ましいです。必要に応じてブースター接続をしなければならないこともあるので、あくまでもテレビが安定して映ることを優先して選ぶと良いでしょう。

アンテナ工事は電器店などで依頼することができます。専門業者にお願いすればお手頃な価格で工事することができます。