お墓の管理を見直そう!正しい墓じまいの方法について

by admin on

先祖代々のお墓を管理する問題点

お墓は故人を供養する目的で使用される宗教設備の一種で、現在の日本で寺社や地方自治体が管理する敷地内に置かれているのが一般的です。お墓は故人の親族が管理するのが慣例ですが、高齢化や核家族などの理由で管理が困難になっている問題があります。また、墓石の維持や土地の利用料金が家計を圧迫してしまうケースもあります。そのため、お墓の管理の持続が不可能になり、墓石を取り除く墓じまいを選択するケースが増加しています。墓じまいはお墓参りや土地の使用料金の支払いが難しくなった世帯が増えた他、生活様式の変化から先祖の供養に対する認識が多様化したのも増加の要因です。

墓じまいの手順や作業を進めるための工夫

墓じまいは対象の墓石を取り除くための行為なので、寺社によっては檀家の減少に繋がることを理由に非協力的な態度を取る所があります。しかし墓じまいは故人の家庭内で解決する問題なので、お墓の設置場所を提供している寺社の介入を拒むことが出来ます。また、故人の弔いも親族の価値観が大きく関わることから、墓石に参る行為以外の方法でも実施することが可能です。そのため、墓じまいは故人の親族が普通に行使できる権利の一つとして主張することが出来ます。墓じまいの費用は当事者が負担するのが普通なので、事前に解体業者との打ち合わせを行うことが大切です。また、業者によっては墓石を扱うことを嫌がるケースもあるので、信頼出来る優良な業者を選ぶのが作業をスムーズに進めるための心得です。

墓じまいの費用は、永代供養の時期や宗派の違いによって大きく異なるため、葬儀社や寺社等に相談をすることが大切です。