重さか輝きか?ダイヤモンドの価値を決めるのは

by admin on

ダイヤモンドの価値を決めるのは

ダイヤモンドの評価の基準となるのが、4Cです。重さの単位のカラット、色を表すカラー、輝きを決めるカット、透明度を示すクラリティの4つの頭文字から作られた言葉です。この4Cの全てが高い水準にあるダイヤモンド程、高評価となります。

小さくても美しく輝くダイヤモンド

ダイヤモンドのカットには様々な種類があり、カットの仕方によって、その輝きが大きく変わってくる事になります。美しく輝かせる為には、最適なカットの種類を選ぶだけでなく、職人の技術も重要です。そして、カットが優れていれば、小さくても美しい輝きを放ちます。

色合いの美しいダイヤモンド

ダイヤモンドのカラーの評価で、最も価値が高いとされるのが、無色透明です。ただ、カラーダイヤと呼ばれる美しい色をしたダイヤモンドも多く存在します。カラーダイヤの場合、色が薄いものよりも、色がはっきりとしているものの方が価値が高くなります。更に希少価値が高いダイヤモンドが、1つの石の中に2色が混在するバイカラーダイヤです。無色透明のイメージが強いダイヤモンドですが、色がついたものも多くあります。

買取で高く評価されるのは

美しいダイヤモンドを求める場合、4Cの全てが必要になりますが、宝石の価値を評価して買取を行う現場で重要視されるのは、重さを表すカラットです。カラット数が多いダイヤモンド程、高く評価される事が多くなっています。勿論、カラーダイヤやバイカラーダイヤのような例外もありますが、一般的なダイヤモンドであれば、カラットで価値が決まると考えておいて良いでしょう。

ダイヤモンドの買取価格は、ダイヤモンドのカット、カラット、カラー、クラリティと呼ばれる査定基準によって価格が決まります。また実物の状態やダイヤモンドの相場よっても値段が変わるので注意が必要です。