無線技術の精度を向上させるEMC試験の重要性

by admin on

無線技術は便利だが使い方に注意がいる

現在の電化製品は類を向ないほどに進歩しましたが、その進歩を支えているのが無線技術だといえます。無線技術は行ってほしい情報を入れた情報チップから発信される電波を、別の行う機器の中に入っている受信装置に情報を送ることによって離れたところから操縦できる技術です。この無線技術の進歩によって利便性が増したのですが、その分無線ならではの影響も各社は考えなくてはならなくなったのです。それは無線技術を使う機器が多くなったことで、その発信する電波が似た波長で乱雑してしまったことで発生した妨害電波です。似たような電波が乱雑すると、本来届いてほしい電波が届かずに機能がうまく扱えなかったり、本来作動しないはずの機器が別の電波を受信することで誤作動を起こすなどです。これでは無線技術は便利といっても、企業がそれぞれ対策を考えなければ利便性の質が落ちてしまいます。

無線技術をより精度を上げるための工程EMC試験

電波の乱雑によって各企業は対策しなければならなくなったのですが、その対策の一環として行うのがEMC試験です。EMC試験は似たような電波が乱雑することで発生した妨害電波の影響を受けても大丈夫なように、あらかじめ設定しておいた電波を発信して誤作動を起こさないか確認するための試験です。この試験項目としては一部屋を完全に隔離して、その部屋の中に使用したい製品を置いて本来必要な電波で使用できることを確認できたら別の電波を流します。その電波を流すことで誤作動を起こさないかを確認し、それ以外にも電圧の変化の影響や音による影響など5項目を行い判別します。その上で誤作動があれば、どの情報によって誤作動を起こしているのかを確認し修正し正確に作動するようにします。

EMCとは電磁両立性の意味であり、EMC試験は電気あるいは電子機器が、本体内部または外部からの妨害電波によって、損傷や機能低下などを発生させないかを測定する試験です。