現代社会に欠かせない技術であるリバブレーションチャンバー

by admin on

今や無線技術は現代社会に必須の技術である

現在の電化製品は、昔とは比べ物にならないほど利便性がアップしています。その代表格といえるのが無線技術といえます。無線技術は情報を記録したチップから発せられた電波を、別の対象となる危機に内蔵している電波を受信する機能に送ることで手に触れずに遠方から操作できる仕組みのことです。この無線技術の発達によって、例えば情報端末でネットを使う時にはコードを介さなくても通信が可能になったり車に乗るときも開閉の電波を送ることでドアを開けることができます。このように無線技術は、我々の生活にとって欠かせない技術に進歩したのです。

起業が率先して行う点検試験の技術

現代社会において無線技術は必須のツールとなりましたが、企業にとっては製品を作る際に無線技術が正常に働くのかチェックしなければならないです。送信する側も受診する側のどちらかに支障が出てしまっては、その無線機能が使えなくなるからです。そこで電化製品および工業製品を作る企業が、その開発した製品を世に出す前に試験として行うのがリバブレーションチャンバーです。リバブレーションチャンバーは一つの部屋を反射専用の部屋にして、その室内で開発した商品の電波がどのように流れるのかチェックする仕組みのことです。この室内で電波を飛ばし計測器をつかって電波の流れを見ることで、製品の電波がしっかりと発信していることを確認できます。その上で発信した電波が受信する機器に届いているかを確認できるので製品の最終確認ができます。

リバブレーションチャンバーは再現性のある実反射環境が作れるので、アンテナやスマホの感度実験に役立ちます。