住宅建築前に知っておきたい3つの重要事項

by admin on

住宅購入には大まかに3つのパターンがある

新築住宅は人生に一度あるかないかの大きなイベントです。それと同時に人生で最も大きな買い物ともなりますので、絶対に失敗や後悔はしたくないもの。そんな住宅について、購入には大きく分けて3つのパターンが存在します。

まず一つ目のパターンが、全て自分の希望通りの建物にする注文住宅。

所謂オーダー建築ですので、基本的にはどんな間取りにするのか、更には建物を建築するときに使う材料に至るまで全て自分好みにできます。その反面、仕様のグレードを上がりすぎると、建物自体がかなり高額になる傾向があります。

建売住宅や中古住宅も選択肢に

住宅購入の二つ目のパターンは、建売住宅の購入です。

建売住宅とは、完成して建物と土地がセットで売りに出されているものの事です。完成後1年未満で未入居であれば新築住宅という扱いになります。

建売住宅は、建物が完成していますので、購入後にすぐに入居が可能です。また、注文住宅に比べると最もオーソドックスな建物の仕様になっていることが多いために、比較的割安感があります。

その反面、仕様の変更や間取り変更は、建物が完成していますのでリフォーム扱いとなり、かなり割高になってしまします。

中古住宅のフルリフォーム

住宅購入でも、中古住宅を購入する方法が3つ目のパターンです。

中古住宅は。建売住宅に扱いは近いといえますが、基本的にはリフォームをすることが前提の購入になることが多いといえます。

基本的な構造部分に損傷がなければ、リフォームをして住宅としての耐用年数を伸ばす事も可能です。

ただ、かなり手の込んだ大幅な改修工事をする場合、新築を建築した方が安上がりとなる場合もありますので注意が必要です。

住宅のフランチャイズは大手のメーカーが本部、工務店が加盟店となるビジネス関係で、加盟店は本部から経営のサポートを受けながら地域密着で営業をすることが出来ます。